【日時】2017年2月19日(日) 13:00~17:00
【場所】神戸市中央区 兵庫県民会館
【主催】兵庫県、ひょうご消費生活三者会議、大学生協関西北陸事業連合(現 大学生協事業連合関西北陸地区)
【後援】公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)、NPO法人消費者支援機構関西、NPO法人ひょうご消費者ネット、全国大学生協連 関西北陸ブロック
【協力】学生団体スマセレ(現 特定非営利活動法人スマセレ)

2017年2月19日(日)、神戸市中央区 兵庫県民会館にて「消費者・事業者・行政によるワークショップ~ともに実践する消費者市民社会~」を開催しました。

【実行委員会】
<実行委員長>
吉田真悠希(甲南女子大学)
<副実行委員長>
青井雄幹(兵庫県立大学)
織田祐季帆(神戸学院大学)
門雄基(関西学院大学)
<実行委員>
清水竜(神戸大学)
髙田康平(兵庫県立大学)
西谷健人(兵庫県立大学)
三好真矢(兵庫県立大学)
山本知樹(兵庫県立大学)
大坪多恵子(関西学院大学)
宮岡知世(関西学院大学)
前田理花(甲南女子大学)
室元由布子(甲南女子大学)
栗川和樹(姫路獨協大学)
宮腰誠司(近畿大学)
増田佳恵(大阪樟蔭女子大学)
<アドバイザー>
田中喜陽(兵庫県立大学)

※記事中に記載の所属等はいずれも開催日時点のものです。